2016年3月7日月曜日

"iMac Mid 2010"を手放しました。


メイン機として利用していた"iMac Mid 2010 21.5-inch"でしたが・・・
モニター系の不調が再発し、改善に向けてのメーカー修理に付いても検討をしまいたが、ハードに手を入れる事無く手放す事にしました。


現行OS"Mac OS 10.11"が起動し、個人的に使い勝手の良い"Mac OS 10.6.8"や、少々無理無理ですが"Windows XP"も起動させることができましたので、可成り重宝した機種でした。
新品を型遅れで手に入れましたので(可成りお安く手に入れましたし...)、実働は4年くらいかと思いますが、シッカリ使い切ったと思いますので、十分に元は取れているでしょう!?
"iMac G4 + Apple Pro Speakers"には負けていましたが...内蔵スピーカーも良い音を奏でていましたしねェ〜。


と言った処で・・・
"Mac mini 参號機"がEIZO製のモニター(FlexScan EV2450ですが...)を従えて、晴れてメイン機に昇格!となりました。

ただ・・・このシステムの難点はサウンド環境なんですなぁ〜。
解ってはいたものの..."FlexScan EV2450"の内蔵スピーカーはオマケ以下でした。Mac miniの貧弱な内蔵スピーカーの方が良い音を出してますわ、、、W

2 件のコメント:

  1. iMac Mid 2010、残念でしたね。
    矩体のデザインはエッジが立って美しいですからね。
    とはいえEIZOの2450も羨ましい。
    うちのは2336ですから。
    しかも相方が使っているだけで、私はLenovoです(^^;

    返信削除
    返信
    1. iMacはジャンク品として数千円スタートにてオクに出した処、
      ・・・不思議な事にx10になりました。

      モニターはソコソコの値段で長く使えそうなものを選ぶと...
      ブランドが限られますねェ!?

      削除