2015年12月18日金曜日

Mac mini 参號機


今夏の事ですが・・・
3機目のミニ..."Mac mini Late 2014"を導入しました。

スペックは所謂『竹』、
中位機種"2.6GHz Intel Core i5、1TB HDD、8GBメモリー"です。

何時もなら最下位機種「梅」を選ぶのですが、容易に内部アクセスが出来ない仕様に戻った事で、「梅」の標準仕様"1.4GHz Intel Core i5、500GB HDD、8GBメモリー"では心許なく思った事と、昨年夏に導入した弐號機よりも少しだけスペックアップした機種を選び・・・コレになりました。


弐号機と見てくれが同じなので...Blogに登場させるのが今頃になってしまいましたが・・・

・"Mac mini 弐号機"は別室に出向中。。。
"Mac mini 壱号機"は新しい事に付いて行けない。(Mac OS 10.6.8なので...)
・メイン機の"iMac Mid 2010"は、スリープから復帰しなくなり絶不調!!

と言うことで、今月初旬から参號機が大半の作業を引き継ぐ事になりました。



『Macがスリープから復帰しない現象』
調べて見ると、2010〜2011のMacに多くの報告が集中しているみたいです。

当方(iMac Mid 2010 21.5-inch / 3.06GHz Intel Core i3)の状況は・・・
SMCリセット・PRAMリセット・セーフモード・省エネ設定の見直し...をOSの新規インストール後に試しましたが改善することが出来ず、、、
違った手法も加えて引き続き調査中。。。

ハードの故障も考えられますので、念のためAppleに問い合わせると、定額修理代金が56,160円とのこと・・・使用年数を考えると何とも微妙です。


2015.12.21...追記
オリジナルデスクよりMac OS 10.6.4を新規インストールした後に、様子を見ながらOS10.7・OS10.10・OS10.11と上げて行ったら、何故か?不具合が解消しました。

2016.02.22...追記
暫くすると...同じような症状がまたもや発生!
『Google Chromeが悪さをしていて・・・環境設定の"ハードウェア アクセラレーションが使用可能な場合は使用する"のチェックを外すと改善する』という記述を発見。
ただ今、様子を見ています。

2016.02.24
で...症状は改善されず。。。

2 件のコメント:

  1. やっぱmacminiのパッケージングは美しいですね。
    わが家のMac mini Late2012もサクサク快調に動いていますが、
    ある日突然、眠りの世界へと誘われる事があるのかもしれませんね。
    2010~2011の製品にのみに怒る傾向であれど用心用心。
    私もそのうちmacminiに。。。と思っていますが、
    5年前に導入した中華WIN機が無問題なので当面先の話になりそうです。
    あまりの羨ましさゆえの長文お目汚し、失礼しました(^^;

    返信削除
    返信
    1. 今回も整備済製品で...可成りお得に手に入りました。
      iMac以外は純正箱不要ならコチラのルートがお気に入りになってます。

      Macは不具合データも検索からピンポイントで得られるのが良いところかも!?
      昨今の不具合の傾向は、ハードよりもソフトに傾いている模様です。ラップトップは解りませんが、、、

      削除