2013年12月5日木曜日

Mac mini


以前のネタを注意深く見ていただくと、既にオープンになっているのですが・・・
何かと検討した結果、旧型の"Mac mini (Mid 2007)"を手に入れました。

ちまたでは、既に引退させている方も多いようですが、当司令室では歴としたサブマシンとしての採用です。そして、室長の初"Mac mini"になりました。

この機種までは、手持ちのDVIディスプレイのケーブルが直接つながるので、背面の配線が(少しだけ)スッキリ!別置きの電源アダプターが少し邪魔なのですが、なかなか良いボリューム感です。今まで、Mac miniはどこか?敬遠していたのですが、どうやら?その考えは間違いだったようです。

CPUは1.83GHz Core 2 Duo、先代サブマシンの"iMac Early 2006"が2.0GHz Core Duoでしたので、少しだけスペックアップをしつつ、動作環境を継承させるのが狙いです。内蔵HDDが500GBに変更されていることもあり、OSセッティングは、Mac OS 10.4 / 10.5 / 10.6 + Windows XP Professional と今更ながらOSのクワドロブートにしています。

司令室的には、この今更ながらのOSを起動させる環境の確保が重要でして・・・
Cadソフト・Web制作ソフト・会計ソフトなど、新しいバージョンを試しながらも、『ブラウザー以外のアプリは、"mac OS 10.4"の時期のものが使い勝手が良いかな?』と考えているからなのであります。

で、"Mac mini"に合わせて、先代のApple純正ディスプレイ"Apple Cinema Display 20-inch"もやって来ました。
もちろん中古品ですが、確か?定価が7万円ちょい?だっただけあって、クリア(...過ぎるくらい)に表示してくれます。Winにも正式に対応していますので、別の道を歩き出しても、接続環境に支障が無ければ長く使えそうです。(こちらも、電源アダプターが少し邪魔なのですがねェ!)

0 件のコメント:

コメントを投稿